十字架のことば

十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。 新約聖書 1コリント 1:18

十字架のことばは罪人に対する神のあわれみ故の救いのみことばです。

そして、この救いのみことばを受け取った人々は、神の全能の御力によって新しくされ、

神の救いと、恵みの中を生き生きとした望みを持って永遠に生きることができるようになりました。

しかし、自分を義とする人にとってはまったく無用なことばであり、

その人にとってはむしろ、邪魔な、うるさい、ことばでさえあります。

ここに、神のみことばに対するまったく相反する態度があります。

しかし、神は、使徒パウロを通してはっきりと宣言されました。

十字架のことばこそ、救いであり、神の力ですと。

だれも、滅びて良いはずがありません。聖書に次のように書いてあります。

神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。新約聖書 1テモテ 2:4

ですから、私たちは罪人に対する神のあわれみのみことばである十字架のことばを宣べ伝えます。

キリストは十字架にかかり三日目に復活されたことを、

今、わたしのことばをあなたの口に授けた。旧約聖書 エレミヤ 1:9

恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。新約聖書 使徒 18:9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA