十字架とは

福音の中心

しかし、私たちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えるのです。 新約聖書 1コリント1:23a

福音、もちろんみんながよく知っていることばです。良い知らせ、グッドニュース。この福音の中心が十字架です。

ネックレスにクロスのネックレスがありますが、このネックレスは格好が良いですね。

金や、銀、その他の身を飾るのにふさわしい材料でできています。ふさわしく身に付けていると、すてきね、格好いいわ、とか言われてネックレスをつけている人の心をくすぐる効果があります。

しかし、ここで言われている十字架は、これとはまったく反対のことです。

恥の十字架 

私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人を初めギリシャ人にも信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。 新約聖書 ローマ1:16

私は福音を恥とは思いません。と言っているのは十字架の福音を最もたくさん伝えた使徒パウロです。

このように言っているのは多くの人が、福音を恥と感じていたことをあらわしています。

なぜ十字架の福音が恥と思われるのでしょうか。

罪人がつけられた十字架 

実は、イエス・キリストが誕生され神の国を宣べ伝えておられたこの当時、重罪を犯して死刑にされる時にこの十字架が処刑のために使われたのです。

十字架は極悪非道な死刑にされても仕方のないような者のために使われたのです。

この十字架に、主イエス・キリストがつけられて死んだ。というのが十字架の福音です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA